ポケモンGOの流行も3DSポケットモンスター サン ムーンで終息か?次作配信の噂も|俺のナチュラルトレジャー

ポケモンGOの流行も3DSポケットモンスター サン ムーンで終息か?次作配信の噂も


スマホアプリでアメリカから上陸してからポケモンGOの
流行がピークを迎えていると一部メディアでは報道されている。


ポケモンGOのアプリは試作段階でどれだけ
人気がでるのか試した形になっており、
人気が出過ぎて製作エンジニア・クリエイターは
満更でもないだろう。


それに今年11月18日発売決定している
ポケットモンスター サン ムーンの予約が開始され
新ニンテンドー 3DSとセットのものが在庫切れを
起こすなど発売前から盛りあがりを見せている。


次回、世界観が広がった大人でも楽しめるポケモン サン ムーン
の魅力と問題点をお伝えしていくとしよう。


ゲームを購入するであろう学生がどれくらい
ネットを利用しているのか調査してみました。


小学生・中学生でインターネット機器を
を持っている割合を見てみると、

38%これは日本でスマホを持っている中学生の割合で
小学生は3DSを含む携帯ゲームを持っている割合が13%になります。

連絡手段として持たせている親が多く
学生のうちは流行りに敏感なので友達が始めたら
仲間外れになりたくないという仲間意識から

周りも影響を受けて始めるケースが多く見られます。
GPSによるスマホアプリの影響で知らない人についていってしまう
学生もいるようですから気をつけましょう。

ゲーム内での仮想空間だから問題にならないということでは
ないですが、リアルと仮想空間が一緒になってしまうことで
見えてくる社会的問題もあるので、社会的責任能力が乏しい
学生にポケモンGOおよびネットを平気で使わせてしまう
ことが社会問題になっている。

一部歴史的遺産や観光地ではポケモンGO禁止の看板や
呼びかけが行われている。

これは不法侵入や占領が相次いだこと
が主な原因となっているからだ。


パンデミックは一時のものではなく
上がったり下がったり変動しているため
終息してもまたやってくるこのサイクルで
儲ける人はどれくらいるだろう。


ポケモンGOがスマホで流行ったのはなぜか?
GPSを駆使したスマホアプリの良い点と問題点を考察してみた。


問題点は


  1. ポケモンGOに嵌り過ぎて歩きスマホ、ながらスマホが急増する
  2. 携帯に神経が集中してしまい注意欠陥で事故を起こす可能性がある
  3. 立ち入り禁止区域に侵入する
  4. 学生に持たせることで天井知らずで課金してしまう
  5. 夜中の徘徊は非常に危険ということ
  6. 事故を起こしたとき親の責任が問われる

良い点

  1. 引きこもりがちなユーザーを変える手段になる
  2. 外にでることで感動を体で実感できる→レアなポケモンや社会に触れられる
  3. 友人との信頼関係が築ける。
  4. ポケモンGOでゲームのイメージを一新できる。

ニュースでも紹介していましたが
ポケモンGOでモンスターが表れた時はバイブレーションで
知らせてくれる機能が搭載されているので
使わない手はありませんね。

任天堂もスマホを反転させることで
画面が消えるように安全対策も導入しているそうです。

ポケモンGOアプリ配信してから1週間あまりで
株価の高騰するなどポケモンの流行はとどまることを知らない。

現在、ストップ高がかかっているので
混乱を招く事態に陥っていないが

3DSポケモン サン ムーンの発売により
ポケモンGOの人気も落ち着いてくると
予測できる。

☆ポケットモンスター サンとムーン発売日は
11月18日同時発売予定。

今作はXYとは全く別物の完全新作でストーリーも地方も
一新されるのでゲーム好きな方、ポケモンGOから乗り換えたい
方におすすめします。













2016.08.03 | コメント(0)Edit
コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 俺のナチュラルトレジャー All Rights Reserved.
Designed by KAETENテンプレート