アイフォーンの発売の歴史とキャリア間の争いが壮絶|俺のナチュラルトレジャー

アイフォーンの発売の歴史とキャリア間の争いが壮絶


iphone7が発売されるということで
早く機種変更したくて待ちきれない
との声がありますが、iphone7予約前に知ると
為になるiphoneの歴史とキャリア間の争い

なぜなら、フルスペックモデルチェンジ
を果たしたiphone5からiphone6発売日の予約開始日、
こぞって、各キャリアショップやapplestoreに予約が殺到し
長蛇の列をなし売り切れて続出になった過去があるからだ!

iphone7発売目前!カラーマッドブラック 

iphone7について情報が出回っているが
デマ情報も見受けられる。

アメリカで発売されるiphone7と
日本で発売されるiphone7が同じ機能を搭載して
果たして、日本国内でも最新モデルの製造は行われているのか
疑問は残りますが、深追いせずに大人しくイベント情報を
待ちましょう。

全てはイベントで明らかになります。
9月8日のiphone新機種発表イベントまでは
スペックや価格は決して明かさず、当日に
全てを明かすという、appleの秘密主義っぷりは
リオ五輪の閉会式のアベマリオ登場シーンを連想してしまった。

毎年、iphoneは新機種発売ごとに盛り上がるイベント
それが、appleによる新機種発表だ!

新機種発表日は2016年9月8日だとしている。
リーク情報に詳しいエバン・ブラス氏は8日ではないかとしている。
8日に発表され当日に予約開始となる予定であるが
イベントで明らかになります。※8月9日掲載

その後8月11日にイベントがあると
メディアが9月8日と報じた。

予約を早く済ませて手に入れたい方は前日
に各キャリア予約ページにアクセスするべし。

予約したい方はサイドバーに予約スペースを設けていますので
是非ご活用ください。

それでは、iphoneの歴史を辿っていきましょう。


自動車や電化製品に革新をもたらす2つの「チェンジ」とは?

iphoneスペックの変更には2種類あるのはご存知だろうか?



1つめはマイナーチェンジである。

マイナーチェンジは外観や機能を大きく変えず、
画面のサイズや軽量化などコストをかけずに新しく名前を変えて
販売することを言う。

例えば、iphone7→iphone7s→iphone7SE→iphone7pro
といった具合である。

皆さんが期待しているのはフルスペックモデルチェンジではなかろうか?

iphone発売当初は2年程かかっていたが
型枠の製造の自動化やic産業の発達などで1年余りで、
フルスペックモデルが販売されるようになった。

時代の移り変わりとともに
携帯産業は進化してきた。

フルスペックモデルで言えば
iphone6→iphone7→iphone8のように
番号が変わったり、名前そのものが変わるので
価格帯が大幅変更され、手を出しにくくなる
ので、購入できる人は一部の人に限られるのは
言うまでもない。

例えば、iphone5からiphone6に切り替わる時
64Gから128Gの倍の容量を選べるようになったり、
バッテリー持ちが増える設計をなされたり

初のLTE対応のモデルになることで早く
メールや電話を使えるようになりました。

果たして今回のiphone6からiphone7へのフルスペック搭載
となるのか発売日や価格を公表するイベント情報を
期待して待つこととしよう。

サイドバーの各キャリア
オンラインショップにて順次予約できます。


これは凄い進化!歴代iphoneのスペックの移り変わり


※黒太字のところが変更された項目です。

初代iphone編


fastiphone

日本ではガラケー絶頂期、アメリカで初代iphoneが発売される。
日本国内ではガラケーメーカーがしのぎを削り、各社で様々な
ガラパゴス携帯の販売合戦が繰り広げられていた。

同時期に2007年1月9日apple社のCEOスティーブ・ジョブスが
突如、表れiphone発売を宣言する。

突然の発表で専門家の間では、素晴らしいと驚きの声もあった
一方で、「日本の携帯コンテンツがiphoneに未対応であるため
受け入れられないに違いない」と開発者同士で話合い
アメリカ国内のみでの発売となった。

日本国内がガラケーブームの中
アメリカではApplestoreには長蛇の列ができ大ブーム
に、ipod(デジタルオーディオプレイヤー)通話機能・メール機能
インターネット・大画面・物理キーボード搭載でメディアや
消費者に大うけし、大ヒット。


これがapple社のiphoneブランドの始まりである。

iphone発売から1年3ヶ月後・・・

iphone3G編


アイフォーン3G・GS

1年3ヶ月後の2008年6月9日日本を含む11ヵ国で発売決定!
ここでiphone旋風が巻き起こります。

専門家を覆す人気っぷりで地方や都会でも
長蛇の列ができ、一時発売が停止になるなど爆売れしたのが
この時期のiphone3Gである。

発売には制限がかけられ、1ヵ国に1キャリアという
暗黙のルールが存在していた。

位置情報GPSシステムが導入され現在地が
把握できる機能も始めて搭載。

孫正義社長率いるsoftbaank会社は名乗りを上げ
softbankから初のiphone発売となったが、
「貧乏人はsoftbank」と呼ばれるほどの始末でしたが
一気にイメージは払拭できたのだ!

それからというもの、孫氏率いるsoftbankの
猛烈な追い上げが始まるのであった。



iphone3GS編



iphone3G発売から1年2009年日本で発売!
大ブレイクしたが他のdocomo・au各社はガラケー
開発路線を貫き、softbankを遠くで見ていた。

「あいつは何をやっているんだ!」

3GS本体の機能はiphone3Gに比べ2倍も処理性能が高速を実現し、
バッテリー寿命が延びる工夫もできるようになった。

その他、専門的な機能
音声コントロールを含む、アクセシビリティー、デジタルコンパス
これは現在iphone6でも導入されている機能も追加されていた。

この時点でもiphoneはsoftbankのみでの
発売となり、softbankに乗り換えるユーザーも
出てきているようだった。

それから1年後、フルスペックモデルチェンジが大胆になる・・・



iphone4編


アイフォーン42色
2010年6月24日、iphone4発売開始!

今までは割れやすいポリカーボネート製であり、
割れにくい強化ガラスに変更され、さらに小型化を実現した他
ガラケーのメリットである小型であること、そしてガラケーのデメリット
画面の小さく画質が悪い点すべてが改善されたそれがiphone4である。

iphone4へのフルスペックチェンジでガラケーを超える
機能が搭載され、孫氏率いるsoftbankはキャリアでトップに!
各国内キャリア渡り合えるほど大企業に成長していた。

斬新な戦略が掲げられる。
softbankのiphoneを前面に押し出すべく打ち出したキャンペーンが
世界初「新機種の端末料金・実質無料」である。

注意していただきたいのが、実質無料であるが、
実質というのは他機種や別ガラケーからiphoneへの乗り換えの際
かかる端末料金は実質0円で提供しますよ!

ということで、端末料金はプランに含まれているため
月々の利用料金がiphoneが割高になっている。
事前の確認は必要でクレームの対象になることもあるので
『実質無料 0円』で契約する際には注意すべきである。

スマホの生みの親が波乱の展開へ・・



iphone4s編


IT界の巨匠スティーブジョブス氏が亡くなり、
情報を受け取っていた孫正義も愕然!!

これから1ヵ国1キャリア制度は排除されることに
なり、他3キャリアの三つ巴合戦が始まるのであった。

2011年10月5日に発表され世界7ヵ国で10月14日発売開始!

始めてストレージ64Gモデル登場
画質がなんと800万画素、カメラがデジカメと同等の性能を搭載が実現
softbankだけでなくauもiphoneを取り扱い開始されるようになった。

まだiphoneを認めていないdocomoは独自路線へ・・



iphone5編 ※初LTE対応のiphone


アイフォーン5初代モデル
1年後の2012年9月12日発表。世界9ヵ国にて9月21日発売開始
グラフィックが2倍に向上、画面が縦長の4インチ。
さらに次世代通信LTEに対応し、dockコネクタが「Lightningコネクタ」
に変更されカメラ正面が80万画素から120万画に改善した。

auが参入するようになってからは、同じiphone5を巡り
softbankとauの争いにどちらが通信速度が高速なのかが争点になった。

iphone5競争激化を川きりにイー・アクセス社が完全子会社化し
他にも通信回線業者ができるなど通信業界に革命が起こった。

確か、SNS(twitter,facebook)とスマホの連携が始まったのも
iphone5発売してからですね。

ついに、どこからかdocomoがやってくる。



iphone5S/iphone5c編


カラバリアイフォーン5c
2013年9月10日発表。11地域で9月20日販売が開始されました。

iphoneSを低所得者向けに販売しようと価格を安くして
機能を制限して発売しましたが、低価格とはいえ、スマホで
androidの携帯と比較すると価格設定が割高でクレームがきたという。

appleのCEOティムクックによると
「廉価版の低価格で携帯を提供することを目標にしたつもりはない」
ときっぱり。おそらくsoftbank社が独自でプランを作って試しに
売り出したのでしょう。しかし、廉価プランは失敗に終わりますが
人気があったiphoneシリーズは未だに売れ行きが衰えません。

スマホやパソコンでの個人情報盗用や流失問題など
セキュリティーが強化され、Touch ID(指紋でロックを解除する)
方法が導入されました。マカフィー等のセキュリティーは
キャリアごとに設定してくれます。

スマホのLTE回線を使用しての
パソコンやゲームのデザイリングが可能になったのもiphone5世代でしたね。

iphone5cはカラーが豊富で
色:ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトとバリエーションが
豊富で看板広告に目を引いてしまったのが今でも覚えている。

そして、softbankやauの読み通りdocomoが参入して
三つ巴の3キャリアでのスマホ販売が繰り広げられたのは記憶に新しい。



iphone6/iphone6 Plus/iphone SE編


アイフォーン63D画像
画像元:applestore
発売日は2014年9月9日に発売イベントが行われ、
日本を含む10地域で9月19日発売されました。

今人気のsimフリーモデルがdocomo,softbank,au,Appleストアでも
販売され、発売してから1年以上経っていますが、未だに根強い
人気を誇っているのがiphone6とiphone6 Plusです。

画質がデジタルカメラの画素数を超え
プロのカメラマンも唸るほどカメラの操作性と機能が向上した。
顔認識機能や光センサー、ナイトモードを搭載して
Sシリーズはカメラ機能に特化したモデルである。

SEシリーズに関しては「iphone5 S」と同じサイズで
画素数は6Sと変わりませんが、早く小さいことが
メリットで初代iphoneの目標である、小さくて速いが
叶っているモデルがiphone6シリーズではないでしょうか?



iphone購入プラン『実質0円』○年縛りについて怖い話


iphoneの歴史をたどってみると面白い歴史が分かったと思います。
iphoneの進化についてざっくり記事にしてみましたので
分からないことがあれば気軽にコメントしてください。

iphone新機種が発売すると、前のモデルは実質0円として
提供されることもあります。

例えばiphone7が発売すると、現在高額で各キャリアで
販売されているiphone6が安くなるので、乗り換えるチャンスです。

『実質0円』とは本体料金をその場で無料で提供して使えますが、
安くなった分は各キャリアで提供しているプランに加入することで
プランの料金内に携帯本体の料金が含まれています。

実質0円という言葉には十分考慮したうえでプランに加入しましょう。
注意すべき点はiphoneやスマホのサポートプランであれば、どのキャリアでも
2年ないし、3年間は解約できず、解約料金を高額請求される場合もあります。
事前に調べておくか、料金プランについて聞いておくべきでしょう。

私もiphone6s購入時に高額な解約金が発生することを確認すべきでした。
一度プランに加入してしまうと、料金の見直しが一切できなくなりますので・・・

iphone7はdocomo予約、softbankで予約、auで予約、
Appleで予約販売後、通常販売される予定ですが、

今年のiphone7モデルはiphone6より爆発的に売れるそうなので
9月8日のAppleスペシャルイベント「see you on the 7th」
でiphone7が発表になるので、リアルタイムで視聴して
早めに手に入れてくださいね。

Apple公式スペシャルイベントをリアルタイムで視聴する方法はこちら
(apple watch2,Mac book pro,iphone7 その他機種)

ネット予約する場合は早くて便利ですが、
プランの確認を、分からないことがあれば、各キャリアに直接電話を早めに
かけて質問しておくことが失敗しないための方法になります。



関連記事

2016.09.04 | コメント(0)Edit
コメントを書く

 

 非公開コメント ()

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 俺のナチュラルトレジャー All Rights Reserved.
Designed by KAETENテンプレート